ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

振動5 ジンギスカンの新風『ひげのうし』で彼女と盛り上がる。

ひげのうしに入ってラム肉を楽しみながら卑猥なトーク

ひげのうし店内

二人が入った店の名前は『ひげのうし』

ここは午後5時からやっているので助かった。

店内はオシャレでスタイリッシュ。

大衆的なイメージのジンギスカン屋の中でもちょっと高級感がある。

女性とのデートディナーにはかなりオススメのお店である。(YUTAROは何度も利用させてもらってます。札幌近辺の人は是非デートで使ってみてね!)

ちなみに時間が早いのでほとんど客はいなかった。

「うー寒かった~!早めに空いててよかったねー。」

初「ほんと!お腹ペコリアンだよ。」

「・・ぺ、ペコリ?」

初「・・早く注文しよー!一杯目ビールでいい?」

ペコリアンの意味もよく分からず、強制的に場を仕切られる。

「まぁとりあえず乾杯。」

初詣の話しで盛り上がっていると、さっそくラム肉が運ばれてくる。

珍しくタレ?につけて込んである。

ひげのうしは肉にこだわっていて、羊肉のいろいろな部位を食べられる店でラムの叩きとか生ハムとか、ランプ肉、あまり食べられないタンの部位も提供している。

ジンギスカンも食べられるが、どちらかというと焼肉のようなスタイル。

ちょっと変わった形で羊肉を楽しみたい方にオススメです。(もちろん普通のジンギスカンも食べられます。)

ジンギスカンは親しい人と・・

ジンギスカンって焼肉以上にお互い口や服が臭くなるので、親しい人と食べるものというイメージ。

ということは、はじめて会っていきなりジンギスカン屋に来てしまったが、これは彼女もある程度はYUTAROに心を許してくれているということだろうか?

「ねぇねぇ、今日俺たちキスしたらさ口の中でもジンギスカンかなぁー?」

「は?もう酔ってんの?ほら焼けたよ!」

初女がYUTAROの取り皿の上にラムを投げ込む。

初詣の時の振る舞いといい、ジンギスカンでの振る舞いといい。

初女は気の強い年上女房といった感じ。

付き合うとなると確実に尻にひかれそうだ。

「すいません!もう一杯生中!」

肉が焼けたタイミングでビールをおかわり。

さっそくラムちゃんを口の中へと放り込んだ。

「あつ!あつ!でも肉汁ジュワッで美味いね!」

でもあまり羊くさくない。

羊肉に慣れてくるとあの灰色がかったような獣臭もいいんだよなぁー。

YUTAROは少し寂しさを覚えたのだった。

あの匂いにさえなれてくれば旨味の強さが羊さんのいいところ。

鍋の上で野菜にも肉汁が染み付くのでたまらない。

むむ!身体もあったまって酒もほどよく回った!

久しぶりに体が熱く火照っている。

今日はバイアグラ的なドーピング無しでいけそうな予感だ。

目の前で初女のアゴがすこぶる奇妙に動いていた。

電マ!卑猥なトーク開始。

「ねえねえ初女・・」

初「え?なに?」

「あのさ・・電マって使ったことある?」

俺は何を言っているのだろうか?

初「え?電マ知らない・・。」

「電気マッサージ器のことだよ~コンパクトなヤツっす。なんかキノコみたいな形の。」

電マ

初「それがどうしたの?」

「あれをアソコにあてると大変なことになります。使ったことない?ラブホとかにもよくあるけど。」

初「ないよ!~てか存在すら知らないし。」

嘘をつけ!美容師たるもの電マの存在くらい知っているはずだ。

生娘じゃないんだから電マの存在すら知らないのはさすがに嘘くさい。

「この前彼氏に電マ使われちゃって、すごい気持ちよくてすぐに逝っちゃった!」

「あれってすごいよね!ワタシ当てられるといつもオシッコ漏れそうになっちゃう!」

俺は知っている!女子会がかなり卑猥なセックストークで占められていることを・・(個人差があります)

ちなみにYUTAROが電マの話を女性にふると、

ほぼ『使ったこと』がないか『知らない』という回答をいただきます。

つまり女性の「ワタシは真面目だからそんなの知らないモン!」というアピールをする一つの回答なんでしょうな~。

ちなみに女って奴は仲良くなるほどぶっちゃけトークしてくるんで、最初の頃と言ってること違うじゃん!と思うこともしばしばです。

初「んで・・何が言いたいの?」

こんな場所で下ネタをふるなという初女の殺気が見える。

「あの・・その・・電マ使ってみません?」

殺気に覚えながらも、なんとか言葉にしてみせる。

初「・・・嫌!」

「いや・・だってジンギスカンで精がついちゃったし・・・。」

初「絶対に嫌!あほですか?」

初女の顔に青筋が浮き出て見える。

これ以上この話は危険だ。

セックスもずいぶんしていないので、女性を落とす自信が薄れてきている。

きっとこんなあからさまな方法じゃない気がする。

でもYUTAROは諦めない!たぶん・・。

ーーーつづくーーー

初女と出会った「ラブサーチ評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

初女の出会い話(札幌振動編)

  1. 雪国は下着泥棒には酷すぎる環境だぜ
  2. 顎が「しゃくれ」なせいでバランスが崩れちゃってる女
  3. しゃくれた女子と行く、北海道神宮の初詣
  4. 精をつけるならやっぱりジンギスカンだべさ!
  5. ジンギスカンの新風『ひげのうし』で彼女と盛り上がる。
  6. 未知の快感!彼女に電マを使ってみたよ
  7. 電マ師VS札幌の天然名器のセックス

みんなのコメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いきなり!
    剛速球師匠!(*^_^*)

  2. いきなり電マですかい?
    飛ばしますなぁ~YUさん(笑)

  3. はぁ?デート?
    クリスマスなのに、なにふざけてんのさ
    デートよりも日記を書くことの方が大事でしょ(怒

  4. チャレンジャーだなぁー!(*^_^*)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top