ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

懐1 走れ走れ!あの子に会うべく宮崎からの大返し

筑紫女まで3時間!宮崎⇒福岡間を超特急!

chotokkkyuu

「もったいないことしたかな・・。」

俺は心の中でつぶやいた。苦労して宮崎まで来て、アポ時間は1時間。

ヤシ子は充分にかわいく当たり物件だった。性格もよさそうだったのに・・。

それよりも俺を突き動かしたのが筑紫女だった。彼女に会えるなら宮崎⇒福岡間の距離もいとわない。

筑「忙しいなら無理しなくていいですよ~またの機会にでも。」

メールが届く。ここで会えないとなるとダメージはデカい。

「いやいや、大丈夫だよ。会いたいし。この前のお礼もしたいし・・ただ11時くらいになるからちょっと待っててもらえるかな?」

そう返事を返すと車は発進した。

行くんだ!今から福岡へ!宮崎道のETCゲートをくぐったのは午後8時前だった。

アクセルをめいいっぱい踏み込むと、愛車はゆっくりと加速していく。100キロ・・1XXキロ!

愛車よ!風になれ!そしてもってくれ・・。ハンドルを握る手に汗がにじみ出てくる。

・・まだここで死ぬわけにはいかない。

「さすが宮崎・・空いてるぜ!」

ペースよく車は進み、熊本県八代市に突入。午後9時半を過ぎたあたりだ。腹がぐううと鳴った。

明日は熊本アポの予定だったが、「すいません!彼氏ができてしまって・・もう会うことはできません。」・・と先方の都合でキャンセルされてしまった。

よって、この旅の新規アポは・・もうない。

 

筑紫女。そして百合子。はたまた鯉女。

次の彼女は誰だ?年頃の女性だ、いつ彼氏ができてしまうかわからない。そう思うと焦りで金玉が「キュー」っとなった。

熊本市に入ったのは10時。福岡まではおよそ100キロ。

10時には到底間に合いそうもないが、がんばり次第では午後11時にはどうにか福岡へ入れそうだ。

福岡に近づくにつれて車の数が増えてくる、問題は「鳥栖JCT」だ。

ここで九州道と長崎道、大分道が合流するため一気に車の数が増える。

「早く!早く!」

一番右の車線をキープしつづけながら走る。

午後10時を過ぎているせいか、思ったよりも車は少ない。大宰府に入り都市高速へ後10分で11時。

「あと10キロおおおお!ふごおおお!」

ずっと緊張して走ってせいか、なんか体の臭いがヤバい。

なんとか10分オーバーで春吉のいつもの駐車場に到着。さっそく筑紫女に電話をかける。

筑「はい・・。」

「ごめん!遅くなっちゃって!いま春吉なんだけど、まだ天神にいる?」

筑「おそーい!もう帰っちゃいましたよ!」

「う、うそ・・・」

か、体から全ての力が抜けていく。また高熱が噴出しそうだ。

筑「うふふ・・嘘です~♪会社飲み会の二次会参加してたんでちょうど良かったです。」

「・・ほ・・良かった・・。」

筑「じゃあ私もそっちに行くので天神南の駅まで来てください。そこで会いましょ♪」

車を降りると、駅に向かって歩き出す。ここからなら5分とかからないだろう。

駅で待つこと五分。

「なんだかんだで久しぶりだな・・筑紫女に会うんは・・。」

緊張で喉がかわく、ビールをキュッと行きたいところだ。

「YUさーん♪」近くで懐かしい声がした。

俺は満面の笑みで声のする方向へ振り向くのだった。

ーーーつづくーーー

筑紫女と出会った「ハッピーメールの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

筑紫女の出会い話(懐編)

  1. 走れ走れ!あの子に会うべく宮崎からの大返し
  2. 一年半ぶりに聞く声・・「妊娠」、「結婚破棄」いろいろあったね。
  3. 不動産屋さんに電話しますね!でもその後は春吉ラブホで「はあと♡」
  4. タイツは履いたままで・・そのままエッチするのがエロい
  5. 彼女のタイツを破るとそこには桃源郷が広がっていた。
  6. 俺って引っ越すの?福岡の賃貸を比較して回る
  7. 筑紫女の適格なプレゼンにやられる。

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本仮屋で再生されたわ 笑

  2. 正直、筑紫女だけはうらやましいてすわ。奇跡的ですね。

  3. これが世に言う

    Yutaroの九州大返しである(^_^)

    秀吉もビックリ(^_^ゞ

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top