ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

今1 時は現在へ・・「お互い歳をとったね」と笑う

時代は進む、4年後の俺

backtozafuture皆さんお忙しい年末いかがお過ごしでしょうか?

今日はクリスマスイブということでちょっとだけ日記の時系列を崩して現在(2015年)へとタイムスリップします。ちなみに2015年というとバックトゥザフューチャーの未来の世界と同じです。果たして自動車は空を飛ぶことができるのか?しばしお付き合いを・・。

 

2015年11月。俺は車を走らせていた。

YUTAROの日記に登場する車としては二代目だ。残念ながら車はコンクリートの上を走っている。

名古屋時代、札幌時代、福岡時代を共にした「先代の相棒」もとうとう不具合が増えてきたので、涙を惜しみながら別れをつげた。

「もうだいぶ古い車なんでタダのところを5万円で・・」彼はとんでもない安値で買い取られていった。

しかし、俺たちの思い出と冒険はプライスレスだ。今頃、日本・・もしくはどこかの発展途上国で活躍していることを願う。

2代目(コンパクトカー)は小食。燃費がいい。朝飯にレギュラーガソリンを食わせると俺はいつもどおりの下道で南へと下っていた。

鹿児島へのアポついでに懐かしい顔に会いにいくのだ。

 

相手はかの性豪、「谷山子」だ。約一年ぶりに彼女に会うことになる。

日記では最近登場したばかりだが、もう5年の付き合いだ。出会い系で知り合ってこれだけ長い付き合いの女性は珍しい。

おそらく「二人の前世」で何かしらの繋がりがあったのだろう。

知り合った頃は20代半ばで若かった彼女もとうとう30歳になった。時間は止まることなく確実に流れている。

2011年3月の谷山子(初)

2011年5月の谷山子(2回目)

 

谷「30歳になったんだからお祝いせんかい!美味いもの食わせんかい!」

「お前、女の30歳は全くめでたくないぞ?でも一緒に泣いてやることはできる。」

谷「こ○すよ?休みができたからこの日に来てね!」

「え?この日しかダメなの?アホなの?」

谷「まあまあ、ウチ泊まってっていいから。」

・・ということで半ば強制的に「谷山子の30thアニバーサリー」を祝うことになり今にいたるわけだ。谷山子が一人暮らしを始めたのでホテル代はかからないのがありがたい。

さすがにそれだけで鹿児島に行くのは癪なのでとりあえず翌日は他の子とのアポを入れていれておいた。

 

朝早くに福岡を出ても、鹿児島に着くのは夕方だ。300キロの距離は伊達じゃない。

高速でいけば八代から人吉を通る山側ルートだが、国道(下道)だと水俣を通る海側ルートで鹿児島へと入る。

「俺、何やってんだろ・・引き返そうかな・・」

年老いた俺は何度もそう思った。それでも眠気覚ましのコーヒーを飲みながら、天文館の外れ着いたのは午後6時半。辺りはもう暗くなっている。

天文館界隈は少し外れると24時間駐車しても800円くらいの有料パーキングがあるので助かるわい。早速彼女に電話をかけた。

「おおい・・着いたぞ・・疲れたわい。ちゃんと天文館に来てるんだろうね?」

谷「もちろん!昼間から買い物してたわ!セブンイレブンでコーヒー飲んでるから来て!」

鹿児島のイントネーションにもずいぶん慣れてしまった。

「どこのセブンイレブンよ?」

谷「秘密!ふふっ」

「や・め・ろ。」

谷「つまらん。天文館通りのアーケードの洋服の青山の近く?グーグルマップに導かれて来いw」

「・・・なんやそれ?」

少ないヒントを頼りにグーグルマップで目星をつける。この五年間でガラケーはスマホへ・・大きく進化した。

「・・ここのセブンやな・・。」

セブンイレブンに入ろうとする。

「あはは!オッサンこっちこっち!」

後ろから聞き覚えのある笑い声がした。谷山子が向かいのビルに腰かけている。

谷「ようこそ!鹿児島へ!」

彼女はこれまでとは違う少し女性的な服に身をつつんでいた。

「いやあ・・遠かったわ・・。」

谷「久しぶりやね!てか変わらんね。」

俺は顔の堀が浅いので老けづらい顔立ち。

谷「肝心の頭はどうかしら?」

そう言って谷山子が俺の帽子をはぎ取る。

谷「うわあ・・横からみるとスカスカ。向こうの景色が透けてみえる!ヤバいね!」

なぜ遠くまで来て凹まなければならないのか・・。

しかし、俺を笑う谷山子の目尻にも「小さなシワ」が見える。以前はこんなもの無かったのに・・。

「ふふっ・・お互い歳を取ったね・・30歳おめでとう。」

そう言って俺は小さく笑った。

ーーーつづくーーー

谷山子と出会ったサイトを見る

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

谷山子の出会い話(今編)

  1. 時は現在へ・・「お互い歳をとったね」と笑う
  2. 性なる夜だから・・下品なままの二人
  3. 女性は三十代に性欲が強くなる説は本当か?
  4. 玄関開けたら、5分で挿入!彼女のストレートすぎる性衝動
  5. クリスマスムードで賑わう街。彼女は思わぬ格好で来た!
  6. 思わぬものを持参するジャージ姿のサンタクロース
  7. 風呂から出てこない彼女に事件性を感じる
  8. 司令塔はいつも彼女である
  9. Womanizer(ウーマナイザー)現代のアダルトグッズの進化に舌打ち

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おいおい、急に時を飛んだね
    ワン○ースみたいに時をあっちゃこっちゃするんかい・・・

    • 今年、谷山子の話書いてたら懐かしくなったってのもありますなー笑
      書くの忘れちゃいそうなんで記憶が新しいうちに書いときます(^○^)

  2. 袖ふれあうも多少の縁😃

    谷山子と長いおつきあいですね🎵

    Yutaroさんは、平安時代の通い婚を

    再現しているのかも?とふと思いました

    主人公の光源氏みたい(^o^)v

    うらやましい(^_^)/

    • 光源氏に見立てられたら光栄ですなー笑 失礼ですが笑
      谷山子はたまーにしか会わないし、お互い恋愛にも発展しない分長続きするんだと思います!

  3. ゆーたろーさん今も旅してるんですね(^^)
    しかも鹿児島に来てたんだ〜(>_<)!!
    天文館の青山近くのセブンとか!!笑
    めっちゃ分かりすぎてやばいです!笑

    私最近鹿児島から宮崎に引っ越したので、よかったら宮崎にも遊びきてくださいー*\(^o^)/*
    ごはんいきたいですー*\(^o^)/*笑

    • 最近の話なんで記憶が鮮明なんですよねー!もっと細かく書けるんですが、鹿児島の人でも伝わらないかも笑
      宮崎に引っ越しちゃったんですねー。いつか遊びにいきますね(^○^)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top