ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

童貞は売れるか? 女性に慣れされるために童貞をヘルスに連れて行く

フェリスの女の子

サダオをファッションヘルスに連れていくことになりました。

彼女をつくるにはまずは女性に対して、自信をつけさせなければ!それには女の子とのトータルな触れ合いからということで、サダオをファッションヘルスにつれて行くことになったYUTARO。

サ「やっぱりヘルスなんて嫌ですよー怖いです!」

貞男はかなりびびっているが、時には荒療治も大事だ。

さてどこにしようか?

名古屋のヘルスなんて久々だし、風俗もずいぶん行ってない。

楽しみー! (´∀`*)

ヘルスに行ってしまったら、サダオの童貞の価値が下がるんじゃないの?と一瞬思ったが、30の童貞男にはもうほとんどそんなの残っていないもん。

18歳くらいの爽やかイケメンなら童貞も高く売れるかもしれないが。 むしろサダオのオトコの価値があがれば成功ですわ。

もともとは出会い系サイトで童貞は売れるのかどうか調べるのが目的だったのだが、ちょっとどうでもよくっている。50円でも値がつけばラッキーだ。

童貞におすすめ

とにかく俺はヘルスにいきたいんです。

さて、どこで修行してもらうか?場所選びしようね

20代の頃はヘルスが大好きだった。つまり、YUTAROは名古屋のヘルスならお手のもの。錦、東新町、池下、納屋橋、名駅、大曽根と至るところに行ってきた。 名古屋はファッションヘルス発祥の地と言われている。市内では、多くの店舗型ヘルスがしのぎを削っていて、仕事帰りのサラリーマンや仕事中のサラリーマンを癒している。

よし!今日は東新町(とうしんちょう)のヘルスや!ふたり 地下鉄でむかうのは東新町のヘルス。名古屋の栄からはほど近くて、料金も良心的。それほど沢山の店舗があるわけではないが、都市高速道路沿いに風俗店のみが入ったビルが幾つかある、

ヘルスビル(札幌にも結構あるよね!)は人目を気にせずに、複数の店舗を効率よく回れるというメリットがあるでやんす!

新栄町駅で降りると、東新町まで歩く。徒歩で10分ほど。

「童貞よ!心の準備はできたかい?」

サ「ふぅーふぅー。まだ緊張してます。」

「リラックスしろよ、あんまり緊張するとチンコ立たないよ。」

サ「どんな風にしたらいいんですか?」

「まぁ、お前の好きなようにしたらいいよ、AVみるやろ?あんな感じでおっぱい揉んで、吸って、アソコをいじり倒しなさい。 ただし、女の子にはAVよりもかなり優しくな。あれは一種のショーだから。 」

アダルトビデオのようにやればいいと思って頃が僕にもありました。

サ「わかりました。くはぁー緊張してきた!」

「大丈夫、なぜか俺も緊張しとる。」

風俗ビルの前の通りにやってきた。大通りに入口が面しているので、人通りも多い。

「よし、貞男!迷わず一気にはいるぞ!」

人通りの多い中で、堂々と店の看板を見定める度胸はYUTAROにもない。二人は忍者のようにビル内に忍びこむのだった。

・・安風俗特有の消毒臭がする。イソジンのあのにおいだ。

ああ・・懐かしい。YUTAROこの場所になにか強い結びつきを感じるのだった。そう、前世かなんかで・・。

さてどの店にしようか?エレベーター前の店の看板を眺めながらつぶやく。 童貞のサダオはかすかに震えている。

あっ!ここは!

YUTAROが仕事中にちょくちょく行っていた馴染みの店。フェリスではないか!

懐かしい!まだあったの?ここ!意外な安定経営に驚く。

たしか、この店は若い可愛い子が結構いたような気がする。今でもそうなんだろうか?・・気になる。

「よし!この店にするぞ! サダオと共にエレベーターに乗り込む。」

ヘルスに入る前のこのドキドキ感。期待か不安か?隣の貞男は今にも泡を吹きそうだ。

「いらっしゃいませー!」受付の男性がご挨拶。

「二人ですけど、いけます?可愛い子います?」

店員「いかせます!」

靴を脱いで待合室に案内される。ここで見るエロ本は格別だ。

店員が現れ、パネルを持ってくる。

きたきたきた!店員がこのパネルを広げた時、第一次風俗対戦が始まるのだ。

フェリス店員の目がキラリとするどく光る! 果たして戦局はどう動くのか!?

テーブルの上に置かれた、嬢のパネル。

真っ先にサダオが手を出す。

あれ?・・サダオくん?はしたないよ。おれ一応先輩だよ?

んん?ちょっとサダオよ・・。

お前・・。 とりあえず爪を切れ!

風俗の禁忌を犯しそうな伸びっぱなしの爪・・・不吉だ。

---つづく---

※ワールドカップ見るので寝ます。( ´ ▽ ` )ノ

童貞におすすめのサイト

←次|前→童貞捨てるならまずは女性に対して自信をつけなきゃダメよ!

 

みんなのコメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. フェリスは自分も利用させていただいてます(笑)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top