届く1 青函フェリーで北海道にカムバック!船って意外と大変なのよ!

津軽海峡は何景色?さよなら本州。1ヶ月ぶりの北海道へ帰る

青函フェリー

久しぶりの仙台だったけれど、観光もせず北へ向かう。

東北は縦に長い。宮城県を出たのは昼過ぎで、そこからまだまだ北へ向かうことになる。

ちらほらと道端に雪が目立つようになってくる。

 

「こりゃ北海道に入ったら完全に雪道になっているな。」

 

岩手県は本当に長かった。さすが全国で二番目に広い県だ。

フェリー乗り場のある、青森市へは山越えルート(たしか八甲田山沿い)がある。

しかし長旅でスタッドレスタイヤが磨り減っているかもしれない。一応タイヤチェーンも用意してあるが付け方がわからない。

たぶん一人で付けるのは無理だろう。

 

ということで、雪が振ってそうな、山側ルートを避けて海側ルートの奥州街道(4号線)を走ることにした。

 

(以前は浅虫温泉で働いている女の子とアポしたっけ・・。かわいかったなあ・・。)

結局性感・・いや青函フェリーが出ている青森市に着いたのは夜の7時だった。

 

正直青森で一泊したかったが、

海さえ渡ってしまえば、札幌までは数時間の距離。フェリーで仮眠も取ることもできる。

やっぱり一番落ち着くのは自分の部屋だ。そして自分の布団だ。

札幌の自宅に帰ったら思いっきり眠ればいい。

 

青函フェリーは24時間営業。正確には2~3時間ペースに一本出航して青森~函館間を結んでいる。

「8時半の便に間に合うな・・。」

YUTAROはフェリーのりばに向かい、手続きを済ませる。

あとは車の中でフェリーの時間を待つのみ・・。

函館へ渡るべく、俺が選んだのは青函フェリー。

hayabusa

次第に陸が離れていく。これから4時間程度船に揺られる旅に出るのだ。

本州に渡るときや北海道に帰るときにだいたいいつも乗るのがこれ。青函フェリーである。

つーことでいつもお世話になってる青函フェリーの特徴を上げて行きたい。

青函フェリーの特徴。たまらない庶民感

乗る船には「はやぶさ」「あさかぜ」などいくつか種類がある。一番新しい「はやぶさ」以外はどれに乗ってもそれほど違いは感じない。

船内はどちらかというと少し質素で、利用者は大部屋を利用する。

青函フェリーには家族連れやツーリング目的の若いバイカー、チャリ男(冬はいないですが)、そしてトラックの運ちゃんがよく乗っている。

豪華フェリーにはない、庶民感がたまらない。

自販機ではカップ麺なんかが販売されているが、道中は退屈なのでコンビニで「芸能界の黒い噂」的な雑誌でも買っておくことを勧める。

テレビも設置されているが港から離れると基本映らないor映りが悪い。

カップ麺

ちなみにトラックの運ちゃんがカップ麺を「ハフハフ」言いながらすすっているのを見ると、妙に食欲が湧いてくるから不思議だ。

大部屋のカーペットでゴロゴロしながらマンガを読むのもよし。寝るのもよし。テレビを見るもよし。

しかし、人がたくさん乗っている状態だと客室内の人口密度が高くなって圧迫感があるので結構キツい。

そして、床からエンジンの振動が結構伝わって来るので腰が痛くなったり、船に弱い人は気持ち悪くなったりするかも?

料金は燃油の調整料を入れても2,000円もかからずに津軽海峡を超えて函館に行けるので非常にお得だ。

リーズナブルかつ庶民感を味わうなら間違いなく青函フェリーだ。

キレイな船がいいならダントツで津軽海峡フェリー

津軽海峡フェリー

そして、もう一つ青函フェリーと双璧を成すのが「津軽海峡フェリー」。

ルートも青森~函館間で被っていて、運行ペースも似たようなものがある。

津軽海峡フェリーには何度か乗ったことがあるが、こちらはとにかく船がでかい!

シャワー付き個室もある。特別感がハンパねえ!

そして船内がすこぶるキレイなのである。ここらへんは青函フェリーと比べてかなりの格差がある気がする。カップ麺じゃなくワイングラスを傾けよう。

個室(シャワー付き、ベッド付きの部屋もある。)やリクライニングの席もあるなどセレブな気分を味わったり、愛する彼女にいい顔をしたいなら断然津軽海峡フェリーだ。

でもお高いんでしょう?料金は?

大部屋なら青函フェリーより数百円程度しか差がない。しかもそんなに混んでいないので息苦しくなることはほとんどない。

しかも個室やリクライニングのビューシートなどいろいろなプランが選べるのでその日のお財布事情で決めるのもアリ。サービス感や特別感は青函フェリーの比ではない。

彼女と津軽海峡フェリーに乗るなら個室を予約してみてもいいかもしれない。約3時間半二人でホテル替わりに使って盛り上がることだろう。

ということでなんか津軽海峡フェリーよりの話になってしまったが、僕はどっちも好きです。

ちなみに一番料金が高いのが電車だ!コノヤロー!JR!

どちらの船も車を載せると料金が跳ね上がります。

船車載せる

車をフェリーに乗せると普通車で15,000円以上の料金が発生する。

往復で利用すると30,000円以上と馬鹿にならない。

ただし、本土~北海道へ車を運んでくる手段がたぶんこれしかないので、この料金を飲むしかないのが泣ける。

北海道へ2~3日の滞在だけというのなら、車を青森に置いて、北海道はレンタカーという手がオススメ。

ということでたまにはお役立ち情報でした。

本州へ別れを告げ、北海道へ

一ヶ月間の全国出会い旅の記憶がよみがえる。あの子やこの子。こんな場所、あんな場所。

とうとう現実に戻る時がきたのだ。

 

出航の時間が近づいてくると、船の前にはズラッと車が並ぶ。

なんだかこの光景も懐かしい。

一台一台、船の中に吸い込まれていく。

そしてYUTAROの車も収納された。

 

(もうしばらくは、本州には戻れないのだな。)

窓の外から青森の夜景が見える。粉雪がちらついていた。

電波が届かなくなる前に。最後の悪あがき。

ガラケー電波届かない

携帯のアンテナが不安定になってきた。もう少しで携帯の電波が届かなくなる・・。

船が進むに連れて、青森の町の光がほとんど見えなくなってくる。

 

「あーあ・・寂しいなあ~。函館に着いたら誰か遊んでくれる子いないかなあ~。」

 

「ん?いたよ!函館の女子が・・。」

最後の締めくくりに会ってみたら面白いかも?

携帯を開くと光速でボタンを押す。アンテナは一本。届け!届け!

---つづく---

4 Comments

Sai

次回の記事楽しみに待ってます。もうアカンって顔どうして削除したの?面白いのに

返信する
YUTARO

まいど!あれはページの改変のつぶやきなんでいらないかなっと思って消しちゃいましたーでも喜んでもらってうれしいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。