ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

出会い旅まとめ 2章 浜松~広島の思い出

無謀な旅は続く・・。浜松から広島に向けて

恐ろしいほどに快調だった前半戦、そして空回る中盤へ。

審判

函館~東京までは自分でも不思議なほどモテた。自意識過剰かもしれないが立て続けに4人の女性と肉体関係を持ったのだからモテてていたと言ってもいいだろう。

男は顔じゃない!髪の毛の量じゃない!きっと違う何かだ!それがしっかりと掴めていれば、きっと今でもモテ続けていただろうに・・。(・ω・`)

ということでいよいよ東海圏~関西、そして中国圏の思い出を振り返ろう。

鬼門!お隣さんの浜松

浜松都心

かなり無茶でハードなスケジュールを乗り越えて(毎日が飲みすぎ&睡眠不足)既に限界が近づいているYUTARO。それでも、できるだけ高速代を節約するため一般道で移動を続ける。

長距離の移動になると交通費が出会い旅の1日の予算(大体2万くらい)の半分近くになることもあるのでできるだけ節約して進みたいのだ。

「東京舐めとった・・。」

しかし、首都圏の渋滞を一向に抜けることができず、仕方なく高速で浜松に・・。

サクサーク。そりゃあ進むさ!金払ってんだもの。

ほんと高速道路って異常に高いと思うの・・。そりゃあ若者の車離れも進むわ!国が悪い!国が!

そんなことをブツブツ言いながらようやく浜松に到着する。YUTAROの故郷である愛知県まではあとわずかな距離でございます。

節約のためホテルの予約はせずにアポ中にお酒を飲んだら車中泊だ!待ち合わせは浜松駅。そこにオッサンは出現した。

相手のうなぎ女は画像ではかなりいい女。

「今日は二人でうなぎでも食べて精力つけてしっぽりと行きますかね!」期待に胸躍るYUTARO。

しかし、YUTAROを待っていたのはうなぎ女ではなく、天罰だった。

浜松で○○されて

名古屋でまったり!からのシガー!

シガー

浜松での出来事で心がポッキリと折れた俺。そんなハードボイルドな心を癒してくれるのが愛する故郷というもの。

ちなみに、いろいろな場所で女の子と会ってきたので名古屋の印象をお伝えしたい。

「名古屋ってあれだよね~えーと・・」に続く言葉。

  1. 味噌  名古屋と言えばコレ。実際に名古屋人は味噌が大好きなので間違ってはいない。
  2. ブスが多い 三大ブスの産地ということで知れ渡っている。実際は・・否定はしません。
  3. 結婚式が豪華 うーん、他の地方で式に出席したことがないのでよくわからん。
  4. みゃーみゃー 他の国の人が思う名古屋弁の印象。でも実際は「だがや」とかです。
  5. 名古屋巻 女の子が頭くるくるのやつ。実際は絶滅種に指定。
  6. シャチホコ ここをついてくる子はなかなか渋いっす。
  7. 景気がいい なぜか言われる。トヨタのお膝元ですからね~OLさんとか夜系の人に言われることが多い。
  8. やまちゃん 手羽先屋チェーンのこと。名古屋人的には風来坊っす。
  9. 冷たい 名古屋人になんかされたのか?
  10. 信長 れ、歴女?

ということでこんな感じです。

オカンのあまり美味しくない手料理。ダメな友人。そして自分臭いの染み付いた部屋。正確には死んだばあちゃんの部屋。

そんな故郷の優しい空気に触れてYUTAROの豆腐メンタルは復活しようとしていた!

次なる目的地は滋賀。そんなニガーでシガーな野洲。愛知からの滋賀。これって信長さんが天下とるルートやん!

変なテンションになりながらも待ち合わせ場所に現れたのは今流行りのポッチャリ女子。琵琶子だった。やっぱり琵琶湖は大きいわ。

大きな湖

試合感を取り戻して大阪へ

大阪ミナミ

爽やかさほど漂う琵琶子とのサッパリと割り切ったSEXでYUTAROは再び試合感を取り戻すことに成功した。

「俺はまだまだイケる!この旅で伝説作って、性病の一つでももらって帰ってやらあ!」

男たるもの一皮むけるには、ちょっとした冒険が必要なのである。琵琶湖に別れを告げて、南下していく。

京都で観光なんかしちゃったりして、大阪へ。待っているのはショップ店員の日本橋娘だ。

少し遅刻されてしまうが、美人さんだった。そしてとてつもなく声がかわいいのだ!

しかし三度の飯よりも甘いものが好きというかなりの不思議ちゃんで、なぜか日本橋娘の家の周りを案内していただくことに・・。そしてお別れ。

「なんじゃこりゃあ!」強烈な物足りなさを感じたYUTAROは動き出す。

そして急遽、ハッピーメールで捕まえたのが心斎娘であった。

深夜にミナミに来るなんてどんなアバズレか、美人局の可能性も疑ったが、ちょっと不幸臭の漂う女性であった。

まあまあかわいいのに服はちょっとボロ、話を聞くとどうやら付き合っている男が悪いらしい。心斎娘はちょっとメンヘラ気味で、喜怒哀楽が激しい。

そんな彼女と酒を付き合っているウチにこの旅二度目の記憶喪失・・ここはどこ?

大阪冬の陣

め、目が回る・・広島でギブアップ?

倒れる

そんなこんなでやっぱり関西はいろいろな事がある。(関西の女性はちょっと不思議な子が多い印象)

気を引き締めて行動しなければ・・そう自分を戒めながらもいよいよ無理をした報いが現れる。

道中で高熱が発生したのだ。たぶん風邪ですな。

「も、もうあかん・・」結果、広島のアポは翌日に延期になる。

薬を飲みまくった結果、翌日には、なんとか熱は下がったがまだまだ本調子とはいかない。

そんな状況の中アポ。相手は中国女だ。かわいらしくって性格もすんごくいい子。

話も盛り上がって、いい感じ。

しかし、YUTAROは懲りもせず酒を飲んでしまう。風邪薬との科学反応で強烈なめまいがYUTAROを襲う・・・。

広島twoナイト

以上、浜松~広島でしたあ~詳しくは各日記のリンクから見てね!

みんなのコメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 歴史だぁー!(笑)!

    • 001さん 長いようで短い日々なんですw もうちょっとあっさり書けたらって思ってますが、なかなかw

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top