ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

浅草よ1 デートがあるのにドタキャン?空前の二日酔いでたどり着けるか?

生きてきた中で最高レベルの二日酔い

つらい二日酔い

この時の出会い旅は二日酔いになることが多かったっす。

でも都会女と飲んだ後の二日酔いは本当にキツかった!もうテキーラは飲みません。

出会い系サイトで知り合う⇒居酒屋デート⇒うまくいけば女の子とセッ○ス

これがYUTAROの一番のゴールデンコース(酒を飲むと積極的になれるので・・実力じゃなくて酒の力かも?)なのだけど、このコースが地方でのデートでは特に最後までいく成功率が高いのです。

おかげでここ最近はドライブに行ったり、観光地をデートしたりと爽やかな出会い日記を書いていない気がする。

・・・もともと爽やか内容なんかあったっけ?

成功率は高くても、やっぱり酒の飲みすぎは良くない。おかげで体はボロボロ・・。(´;ω;`)

 

都会女とのその後を書きたいところだけど

前回の話では彼女のゲロを処理せずに逃げ出した。これは分別ある大人のとして、きっとやってはいけない行為。

もう二人の関係は終わりか?そう思ったものの、実はこの日の後も彼女とのやりとりは続く。

酒乱の女と責任感のない男。お似合いなのかもしれない。

都会女と再び会った事は、面白い話になりそうなので、後日書いていきます。

 

東京最後のアポ・・・素敵なデートになるはずだったのだ。

都会女の家では、修羅場を味わったけど、ホテルに帰ってきてからは地獄を体験した。テキーラの影響が時間差で現れたのだ。

午前5時

都会女の家から午前5時過ぎに帰ってきてホテルのベッドに倒れ込んだ。

かなり酒を飲んだので、眠る前にウコンの力とへパリーゼの酒飲み界のツートップを一緒に飲んだ。

午前9時

気持ち悪さで目覚めて、トイレでリバース。

アルコールと胃液だけの吐瀉物が出る。(汚くてすいません。)

その後、一時間ほど例えようのない二日酔いの気持ち悪さ&嘔吐と戦うことになる。

胃と食道の中になにか異物でも入っているかのように感じるあの不快感。こみ上げる冷や汗とゲロ。

トイレにたどり着けず、ダイニングで戻してしまった都会女の気持ちがよくわかる。

「うう・・もう死にたい・・いっそのことバッサリいってくれ!」

そうつぶやきたくなるほど、強烈な二日酔い。

  • 酒は飲んでも飲まれるな!
  • 女性とセックスするときはコンドームをつけましょう!

この二つの教え・・結局どちらも守ることができなかった。

午前10時

いよいよ今日のデートの時間が近づいてくる。あと二時間ほどで浅草まで行かなければならない。

待ち合わせは午後0時。たしか東京メトロ?の浅草駅。

ここでYUTAROは酒を抜くために熱い風呂に入って汗をかくという暴挙にでる。

 酒を飲んだ後はアルコールの影響で体は脱水状態にあるので、風呂に入ったり、運動をして汗をかくのは危険な行為らしい。

※皆さんはマネしないでね!

結果、吐き気に強烈な頭痛をプラスするという結果に終わる。

頭が割れそうな、激しい頭痛に目の前の景色が歪む。

午前11時

チェックアウトギリギリまで滞在したホテルを出る。

ああ・・せっかくのホテル宿泊なのに、ほとんど休めなかった気がする。

今日は車中泊の予定だが、大丈夫だろうか?

ホテルを出てすぐにベンチがあったので、そこで、しゃがみこんで30分程過ごす。たぶんまだ車には乗れない。いや・・絶対乗れない。

このひどい体調なら今日はさすがにキャンセルか?

いやせっかくの東京でのデートなのだ!ドタキャンはされても、キャンセルはしたくない。それが男気ってもんでしょう!(一度しちゃったけど)

俺のコスモよ!奇跡を起こせ!

午前11時半

きもい きもい ちかてつ きた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。

バイオハザードの感染者のような思考能力になりながらも、なんとか芝公園駅にたどり着く。

「ふぇ・・こんなグロッキーな状態で複雑な東京の電車なんてわかりませんよ(´;ω;`)」

もう待ち合わせまでの時間もあまりない・・・助けて駅員さーん!

なんとか駅員さんに浅草駅までのルートを教えてもらい、切符を買う。

たしか、一度乗り換えて、地下鉄浅草線に乗ってからは、意識が途切れ途切れ・・真っ青になりながら電車に揺られる。

この絶妙な揺れが、胃酸を喉元に押し上げてくる。

では、そろそろ浅草駅に到着するので、今日の相手のご紹介。

---浅草子---

年齢:20代半ば

出会ったサイト:ラブサーチ

コメント:

職業は医療系で歯医者さんで歯科衛生士。

浅草に子をつけただけの安易な名前なのになんか平安時代の随筆のようになってしまった。・・いとをかし。

さて、これが最後の東京アポだ。

メール期間は1ヶ月ほどだが、仲良くメールしていて意気投合したというよりも、「今度、東京行くんで一緒に観光しませんか?」

と自己中心的に誘ってみたところ、意外にもOKが出たという感じ。

写真も見ていないので、顔も知らない、とりあえず会っておこうと思う。(やる気なし)

「あ、浅草駅・・?」

地下鉄の扉が開くと、ゾンビは下町に放たれた。

---つづく---

浅草子と出会った「ラブサーチ評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

浅草子の出会い話(東京浅草よ編)

  1. デートがあるのにドタキャン?空前の二日酔いでたどり着けるか?
  2. 歯科衛生士って美人が多いよね~その理由を考える
  3. 自分なんて全然かわいくないですからという女の見た目
  4. 体調悪いのにデートに来るなよ。女の言う、また今度は来ない気がする
  5. 浅草寺の神前でゲロを吐いた報い

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top