ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

ぶち1 カープ女子から久しぶりの手紙

秋です!ペナントレースもクライマックス

忙しすぎた8月が終わり、9月に入った。

 

「うーん・・あっついなあ・・」

 

夏の疲れは秋に出る。

結局、今年の夏はエアコンを買わなかった。夏はなんとか乗り切ったが冬がヤバそうだ。

(さて今度こそ価格コムで安いエアコンの見つけまっしょっかね・・。)

 

ピロン!

そんな折、一通のメールが届いた。

 

「ん?メール?」

 

スマホ化によって、ここ最近のやりとりは、LINEがメインになってきている。メールボックスのチェックもすっかり怠っていた。

 

新しく知り合った子も、メールよりもLINEのサブアカウント(スマホは二台あるため)に集中している。

IT業界の流行り廃れの勢いは、凄まじいものがある。このままだと自分のメールアドレスも忘れそうだ。

 

「メールとか珍しい・・。誰だろ?」

 

すっかり存在感の薄くなった「メールボックス」を開く。

「鯉女」とある。

(・・???)

名前の主を思い出すのに、少しだけタイムラグが発生する。

 

「鯉女・・鯉女!!思い出したぁ!」

 

懐かしいのと、嬉しいので、俺は独り部屋で叫ぶ。

 

ちなみに鯉女は、福岡に住む直前に、広島で出会ったナイスガールである。

 

顔は元シンクロ選手の青木愛に似ている。仕事はインストラクターさん。

⇨鯉女のお話「鯉恋1 自信がなくて女性が抱けない。

一応俺が名古屋から、福岡に移住したことは彼女にも伝えてあるので覚えているはず。

 

当時は「近くなるね!」と喜んでいたし(500キロが250キロくらいになったw)、会いに行こうと何度か思っていた。

しかし福岡での生活が濃すぎたため、おざなりになったまま忘れてしまい。気がつけば一年半の時が過ぎてしまった。

 

(もしかして・・結婚でもしちゃったかな?その報告?)

 

出会い系で知り合った女の子でも、数年経てば高確率で結婚していたりする。

知り合う女の子が20代半ばから後半が多いからかもしれない。

 

俺は恐る恐るメールを開いた。

 

鯉「YUちゃんお久しぶり☆広島遊びには来ないんですかあ?てか広島対中日のチケットを貰ったの!しかもカープのユニホーム貰えるやつ!だから一緒に見ようよ!広島においでよ!」

 

・・突然のお誘いである。彼女は「カープ女子」。妙にハイテンションなのが気にかかる。

 

(も、もしかして今、広島強いの?)

 

さっそくネットで順位を調べるが、2012年当時の広島カープは「定位置」と呼ばれていたBクラスだった。

 

「なんかようわからんけど・・面白そうやな。」

 

そもそもカープ本拠地の広島で野球を見ることなんて滅多にあることじゃないし、それよりも鯉女に久しぶりに会えるのが楽しみになった。

 

「うっす!久しぶり!もちろん行くっす!いつっす?楽しみ過ぎるっす!」

俺は二つ返事でOKを出した。

 

その日からは一日、また一日とスマホのカレンダーの日付が進んでいくのが楽しみになった。

そして広島に経つ日がやってきたのだ。

ーーーつづくーーー

鯉女と出会ったサイトを見る

前の記事⇔次の記事

みんなのコメントだよ!

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ゎーぃゎーぃ!!
    まさかのカープ!!
    鯉女編うれしいなぁ
    親近感沸く♪

あなたのコメント待ってます!

*

Return Top