ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

爽2 俺は美女と油山を登る

予想外に美女が来た!山って気持ちいい!

aburayama

柏原という福岡市のはずれで山子を拾う。

あら?思ったよりもずいぶん美人だこと・・。

彼女は身長150センチに届くかという小柄できゃしゃな体をしていて、そんな白く透き通った肌が日に焼けそうな山登りとは対照的な印象を受ける。

恰好は流行りの「山ガール」的だ。ちなみに仕事は美容部員(化粧品とかをデパートで売る仕事)をしているらしい。

山「すいません!迎えに来てもらって・・遠かったですか?」

微笑みからのぞく白い歯がまぶしいぜ。

いつもは男女のドロドロとしたアタクシの日記だが、たまにはこんな爽やかな出会いも悪くない。今日は二人で爽快な汗を流そうではないか。

ちなみに今回二人が登るのは標高600メートルの油山。

小学生でも登れるレベルの山で、福岡の夜景スポットの一つとしても有名な山だ。

この山には「もーもーらんど」などの観光スポットも存在する。動物はイノシシやタヌキ、猫などが生息しているようだ。

 

柏原は油山のふもと辺りに位置しているので、少し車を走らせるだけでいい。

油山を少し登ったあたりに駐車場がある。登る距離の短いハイキングレベルでござる。初心者はまずはここから。

山「YUTAROさん準備できましたか?」

「うん。まあ準備ってほどでもないけどね。」

山「じゃあ行きましょうか!」

「あっ・・とりあえず水分補給用にアクエリ買ってもいい?」

運動は久しぶりなので、念には念を。

山「そうですね!私も買おう!えっと・・車出してもらったんで私が出しますよ。」

「え?いいの?ありがとう。」

オッサン、アクエリアスをおごってもらう。

ゴクッ!ゴクッ!

そして早速半分飲む。暑い!今日は夏日のようだ。

山「そうだ!記念に一枚写メとりましょうよ!」

「お!いいね!」

社交的な子だこと・・。ということでお互いパシャり。

なかなか山登りを開始しない俺たち。初心者なので楽しくいこう。

二人はようやく坂を登っていく、油山の道はあらかた整備されていて歩きやすい。(途中まで公園に近い)

平日なのでほとんど人がおらず、高齢者の方や外国人を見かけるくらいだ。

これならコッソリと「青○ン」も・・いやいや・・いけない。

「お!いつの間にか結構のぼってない?」

山「ほんとだ景色いいですね!写真とりましょう!」

ということで再び二人でパシャり。

※ガラケーが行方不明なんで見つかったらアップします~。

登り始めの駐車場地点で結構な高台に位置しているのでちょっと歩くだけで景色はいい。もはやこれは山登りと行っていいのか・・。

それでも次第に木々が増えていき、斜度もキツくなって山登りっぽくなってくる。

「ふはあ・・ふはあ!んごご・・」

あれ・・意外とキツい・・足が重くなってきた。日頃の運動不足とたばこの影響がデカい。

ミニサイズの山子はスイスイと登っていく。

彼女の小さなケツに置いて行かれないように必死で足を前へと動かす。

「ヒューヒュー・・。ま、まって・・」

山「え?大丈夫?YUTAROさん顔色が悪いですよ。」

・・・な、情けない。まさかチアノーゼでてます俺?

「いや・・大丈夫・・でも・・ちょっと休憩を・・。」

ということで休憩を挟みながらなんとか中央展望台まで到着。コンクリートでできた謎のオシャレな建物が展望台だ。中にも入れるけどなんもない。

chuoutenbouもしかするとまだ100メートルも登ってないじゃなかろうか?

「うわ!すげえ!景色だ!」

山「頑張ったかいがありますね!あっ・・私の家あの辺りです。」

彼女が嬉しそうに指を指す。

「じゃあ俺の家はあの辺りかな?」

俺もマネして適当に指をさした。

山「え?百道(ももち)のほうに住んでるんですか?すごい!」

「いや・・美野島なんだけど・・」

山「全然ちがいますよ!美野島はこっち!」

展望台からは福岡の街が一望できる。天気が良ければ玄界灘も見ることが可能だ。

ちなみに車で行ける展望台もあるのでデートにおすすめ。

 

山「さて・・もうちょっと進みますか?」

「うん・・(苦笑)」

ブウウウウウン!

ライトセイバーの音ではない。俺たちが出発しようとした刹那、目の前を黒く小さなものが飛んできたのである。

「は、蜂い!?」

山「キャー!蜂ダメ!私、ムシだめえええ!いやあああ!!」

俺のシャツをつかんで、地団駄を踏む彼女。

「・・うむ・・可愛い。」

俺は彼女とその叫び声(だめええ!いやああの部分が特にくる!)に性的な何かを感じずにいられなかった。

それにしてもムシがダメなのに山登りが趣味っておかしい・・。

ーーーつづくーーー

山子と出会った「ワクワクメールの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

山子の出会い話(爽編)

  1. たまには爽やかな出会い。初アポは山登りだった。
  2. 俺は美女と油山を登る
  3. 汗をかいた後は温泉よね。

 

 

みんなのコメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 想像をかきたてます😃

    あえぎ声や絶叫シーン(^_^)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top