ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

期待3 写メ詐欺!全然違う女が来た!「なんで別人の写真使うの?」

やって来た女は写メが他人のモノだった!

写メマジック車に向かってくる一人の女。温泉子だろうか?

白いワンピースを来た彼女は斜め前の車の辺りで止まった。

長時間の運転で目が疲れていたせいもあって焦点が合わずにぼやけている。

少しずつピントが合ってくると、ようやく女の輪郭がハッキリした。そして、俺はつぶやいた。

「なんだ、違うわ。全然違う、目が小さいし、顔がデカいもん。」

白いワンピースの女は一重で、女性にしては顔が大きい。アゴがガッシリとしてあだ名をつけるならばフランケンだった。

体格も「可愛いアイドル顔の女の子がぬいぐるみを抱いている」写真の上半身とは違う。

なんか・・パンチが強そう・・そう思うくらいガッチリとした肩と腕をしていた。(デブではない)

あだ名をつけるならば・・そう・・フランケンだった。

「人違いか・・。」

もう一度メールを打とうとしたその時。ちょうどメールが入ってきた。温泉子からだ。

 

「もしかして、黒のワゴンですか?私、白いワンピース来て立ってるんですけど?」

 

「嘘だ」・・・ビンゴだった。

写メマジックなんて次元じゃねえ!詐欺だ!

白いワンピースのフランケンはアポの相手だったのだ。

別人やん!もう写メマジックとかいう次元じゃねえ!

写メマジックという言葉があり、そういう技術を身につけた女性はある程度「可愛く」写る術を知っている。

YUTAROも「うわあ・・写メマジやん」と思うことは何度もあった。

しかし、今回は違う。写真のアイドルとは全てが違う。顔から骨格から体格から全てが変わってしまっていた。

ついているはずの口元のホクロすらなくなっていた。

こんなことが起こるのは未だかつてあっただろうか?

フォトショップ職人もビックリ!遺伝子ごと違う!

騙された!それでも俺はデートをします。

「そうです・・私がYUTAROです。乗ってくださいな。」

このまますっぽかすこともできたが、どんな不細工が来ようと一応は会うことに決めている。

ただし、アポ開始スグにも関わらず、とてつもない疲労感が溢れ出てきた。

そして何か大切な物を失ったような喪失感も感じていた。

 

彼女が助手席側に来て会釈をする。YUTAROは精一杯の笑顔で彼女を迎えた。

「初めまして!YUTAROです。今日は楽しんでご飯しましょうぜ!」

使い終わりのマヨネーズのように、中身のない音だけの声だった。

「・・・はい」

彼女は少し不服そうな顔をして素っ気ない返事を返した。もしかしたら「あれ?写メと違わない?なんかオッサンじゃん。」などと思っていたのかもしれない。

「・・さ、さて!しゅ出発GO!」

俺の声だけが車内にシーンと響き渡った。

 

今回向かったのはYUTAROの好きな別府の回転寿司屋さん。

「亀正くるくる寿司」である。

ここでは、豊後水道の地魚や九州各地の美味しいお魚が食べられるという人気店だ。

「今日は休みだったんでしょ?なにしてたの?」

温「・・昨日遅かったんでずっと寝てました(ボソ)」

「お寿司楽しみだねえ~ネタはなにが好き?」

温「・・・ウニです。」

フランケンにはYUTAROのハイテンションも全く通用しない。

問いかけに対して2、3言返すのが会話ってもんだ。

そして女性はある程度「スイッチ」を入れたら勝手にしゃべりだすはずだった。

例えば、「お寿司のネタ何好き?」⇒「ウニです。YUTAROさんは?」⇒「赤貝」⇒「うわあ!渋いですね!」こんな感じで。

 

「・・ははは・・人見知りなのかな?」

温「・・違います。」

 

お前、メールの時よりも口数少ないじゃねえか!

・・次第に俺も無口になってくる。というかイライラしてきた。

「亀正くるくる寿司」は人気店だ、夕食時になると駐車場も空きがなくなり、待ちができる。

それなのに行列があまりできないのはみんな車内で待つからだと思う。

YUTARO達も例外ではなく、当然のように満席で待つことになった。

ただし、車内ではなく、店の入口で待つことになった。

さすがの彼女も店の雰囲気を感じてホワイトボードに書かれた「今日のおすすめ」なんかを眺めている。

温「うわあ!お腹すいてきちゃった!早くお寿司食べたい!」

なんて喋りだすんじゃなかろうか?・・しかし予想は大きく外れた。

YUTAROが喋りかけても、スグに会話が途切れてしまう・・。

結局俺は他のオバちゃんと、

「今日はどちらからいらっしゃったんですか?」

BBA「北九州からきたとよ。今日は幼馴染の仲良し3人旅行!」

「いやあそれはいいですね~」

なんてあらぬ方向と会話をしていた。とにかく寿司食って早く帰りたかった。

20分ほどしてようやく店内に通された。・・バイトの女の子が元気ですこぶる可愛い。

かたや目の前に座っているのは無口なフランケン・・泣ける展開だ。

正面に座ってわかったが、エラの貼った大きな輪郭とはれぼったい目は写真の美少女とは似ても似つかない。

フォトショ職人でも彼女の原型をここまで変えることは不可能だろう。

マイナス方向へ整形手術でもしたのだろうか?

きっと「あのアイドル」の写真はネットから引っ張ってきたのだろう。恐ろしくも図々しい女だ。

「なに食べる?」もう集中してバンバン食べよう!せめて美味しい寿司を堪能したかった。

温「・・ウニ・・」

怒りでテーブルをひっくり返そうとしたが、そうならないようにテーブルはしっかりと固定されていた。

仕方なく俺は醤油をたっぷりとつけて寿司をほうばった。・・塩っ辛い。

 

騙してまで人の写メを使うことのメリットってなに?彼女の精神状態

YUTAROは寿司を食い続けた。そして考えた。

なぜ、彼女は人の写メを使ってまで、男と出会うのだろうか?

出会い系サイトで架空に自分を演じるならまだしも、実際に会うとなると話は別だ。

自分がブサイクということは理解。「確信犯」である

美人だったり可愛い女の子の写メや画像を使っているということは、温泉子自身、容姿に自信がないということはわかっているようだ。まさに確信犯である。詐欺じゃ!

他人に自分を投影?現実逃避?メンヘラなのかも?

自分は写真の女の子なんだ!と思い込んでいる可能性もある。一種の現実逃避と言えるだろう。もし、そうだったとしたら、目の前に座っている「フランケン」はちょっとやばい精神構造をしているとしか思えない。

とにかくまともな発想ではない。なんか怖くなってきた。

出会いの確率が増えて、イケメンも食いつく。

写りの良い写真を載せると出会いの可能性は上がる。これは事実だ。美人の写メを載せれば、多くの男性が彼女に食いつくことは間違いない。アプローチしてくる男性の中には「イケメン」もいるだろう。

俺のようにデートの誘いをする男も多いに違いない、チャンスは確実に増える。

「美味い飯をおごってもらえる」などの好条件のデートもよりどりみどりでござる。意外と計算高い女なのかもしれない。

他人の写真を使って会うことに後ろめたさや恐怖は感じないのか?

気にはなっているものの、俺は小心者なので、彼女に「写真と別人やん!」とは言わなかった。

彼女が別人の写メを使っていることを指摘する男性もいると思う。中には攻撃的になる人もいるかもしれない。

それが怖くないのだろうか?後ろめたさは感じないのだろうか?

結局は「めっちゃブスやん!」と言われて大きく傷つくことになるだろうに。理解不能だ。

結論!写メ詐欺するヤツとは仲良くなれない!

写真よりも太ってる程度の可愛いレベルの写メ詐欺ならまだ許せる。

人間が変わってるレベルの写メ詐欺は人格を疑うしかない。

こんな事をしていても絶対に楽しいアポになるわけはないのだ。

結局、そういう反則行為をするヤツとは絶対に仲良くなることはないのだから。

行き過ぎた写メ詐欺はダメ!ゼッタイ!

 

泣きそうになりながらも、1時間でアポ終了!

「じゃあね!楽しかった!またご飯行こうぜ!」

残り少ないMPを搾り出し、YUTAROは魔法の言葉を唱えた。

温泉子「今日は・・ありがとうございました。」

ぼそっとお礼を言う温泉子をよそにYUTAROは走り去った。

広島から突っ走ってきた俺はなんだったんだろうか?

こんなことなら今日も鯉女とご飯にでも行けばよかった。

今回の収穫と言えば寿司屋のバイトが可愛かったのと寿司が美味かったくらいだ。

でも、旅に失敗は付き物だ。明日はゆっくりと疲れを癒そうと思う。

ーーー終わりーーー

温泉子と出会った「ラブサーチの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

温泉子の出会い話

  1. 「写メが可愛い」それだけで会いに行く価値はある!温泉の街別府へ
  2. 別府のアイドル(仮)とゆめタウン別府でご対面
  3. 写メ詐欺!全然違う女が来た!「なんで別人の写真使うの?」

みんなのコメント

  • Comments ( 23 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 残念嬢!(((・・;)

    奇跡が起きない限り
    盛り上がらない女?最悪!Σ(×_×;)!

  2. そんなことあるんですね><
    奇跡の1枚で可愛く見えたけど、実物はブサイクだったってことは何度かあったけど。。
    確かに別人の写メを使うなんて絶対なかよくなれませんよね><

  3. 自分もyutaroさんと同じで

    楽しい時間を過ごしたいと思うので

    嘘や他人の写メとかは

    ガッカリします(>_<)

    また、会話がはずまない女の子は

    徒労感がパンパないですね

    • なんで自分じゃない画像を使ってまで会おうとしているのか、凡人の僕には理解不能でした笑
      世の中にはまだまだ変わった人がいるもんですな!

  4. わたくし、大分出身なんです。別府湾では泳いだり魚釣ったりしたなぁ、懐かしい。

    つうことで、温泉子ともまったく関係ないんですが、本当スイヤセン!
    なんかスイヤセン!

    • いえいえ!僕は温泉大好きなんで温泉県にはよくいきますよー(^_^)
      魚も美味しいし、から揚げも最高ですよねー!あと大友宗麟が地味に好きです笑

  5. うん、確かに想定していたのと違うのが来た時の動揺はツライね。。
    うん、ツライw

    なんて言うのかな・・
    予想していたポイントを10に設定して
    来たのが3とかだと、動揺しつつも笑顔で対応出来るが
    1むしろマイナスだと徒労感半端ないだろうね。。

    2か月前にポイント3だったアポ思い出したわw

    • 期待値が高い分、裏切られた時のショックはデカイですよねー(´・_・`)
      今回のようなケースは極々稀ですけど、長距離走ってきた分ダメージはデカイ!

  6. By 空飛ぶオランダ人

    あるある!

    ・・・と言いたいけど、別人写メはないなぁ(>_<)
    送られた写メと違うのは日常茶飯事だけど、会って過ごせば、もそれなりに愛着持ってくるよね。
    今回は、初めから「騙された!」感覚だから、それさえも芽生えない・・・
    苦き経験の一つですね(^o^)

    • そうなんですよー。それなりレベルなら会ってるうちに愛着もでてきて可愛らしくも思ったり。
      温泉子も会ったときの男性のテンションの下がり具合を何度も感じてるハズなんで、なんでこんなことをするのか謎です笑

  7. Yutaroさん、そこは出会いマスターとして、「あんたぁ、ブスだぁ」でしょ!

  8. うひゃひゃひゃひゃw

    ざまぁwww

  9. 私もこの前会った人はデブ女でして、気に入られた様で、お持ち帰りされちゃいました。
    しかし、メチャクチャSEXがうまく今でも連絡を取る仲に…笑
    顔のパーツはしっかりしてるので、痩せさせて磨こうとダイエットさせてます笑

    • めでたいですな!太ってる人って意外とアレが気持ちよかったりするのは気のせい?
      急に痩せるとひび割れますんでじっくりお願いしますw

      • そうですね、太ってる人は床上手の印象です。
        初対面なのにアナル舐めてきたりと、ベッドの上では最上級の女でした。

        ところで、YUTAROさんは出会った時に相手がブスだった場合、一緒にごはん食べるの嫌じゃないですか?他人の視線が気になるというか・・・
        私はそれが嫌なので、毎回個室の居酒屋を予約しています笑

        • 他人の視線は気になりますねー笑
          でも慣れてる部分はあるかも、あんまり気にしてるとキョドキョドしちゃって楽しめないですしね。
          焼き鳥をカウンターでも全然オッケーです笑

  10. yutaroちゃん!
    あんたほんとおもろいねwwwwwwwww

    げらげら笑いながら見たわwww
    かくゆう俺も今出会い系でほんわか美人→おいおいおばはんかよの詐欺だわwww
    人生甘くないねw
    でも俺がドブスと貴重な週末会ってる時、yuutaroちゃんも苦しい思いしてると思ったら楽になったわwww

    • いやーありがとうございます!ちょくちょく写メ詐欺はありますが全くの別人が来たのは初めてでした笑
      同士ですな!きっと可愛い子もいるはずなんで諦めずにトライしてくださいませ!

      • yutarouちゃん!
        百合子さんと別れる記事のコメント欄見たんだけどびっくりしたよ!!!

        FXで食ってるの???実は俺もwww
        ぽん様を60ロットで毎日12pipsは最低抜いて生活してるよ!!!
        都内超高級タワマンには敵わないけど、横浜のタワマンの最上階に住んでるよ!!!←証明できるよ!!!

        女遊びも頑張ってるよ笑
        何か縁感じたから、お互い頑張りましょ
        横浜きたときはおせーてください

        って、私31なんですがもしや年上様ですか???
        ならyuutaro師匠ですね、、、ご無礼をお許し下さいませ

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top