ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

別府ソープの体験記 地方のソープは料金が安いが・・

ムシャクシャしたのでお風呂がてらソープに行ってきた

別府ソープ

夕飯を食って、めぼしい駐車場を見つけるとYUTAROは車中泊をした。

疲れていたせいか、車の中でも良く眠れたが、3月の夜は少し肌寒かった。

「ぬ、温もりが欲しい・・」

今回の旅も4日目である。アポは入っていない。長旅は自分の体力を考えてプランを組まないといけない。

今日はたいした移動もせずゆっくりするとしよう。ということで大分市に宿をとっておいた。

別府から大分までは近い。ホテルのチェックインの3時まではまだまだ時間があった。

別府のソープで汗と脂を流そうではないか!

「空いた時間どうしようか?観光するか?でも風呂に入りたい。」

別府と言えば風呂=温泉なのだが、今回のYUTAROは少し発想が違った。「風呂」=「ソープ」方面だった。

大分にはソープは存在しない。ヌキ系のお店も少ない。(条例とかの関係?)ということで小さいながらもソープ街のある別府一択だ。

「10時か?そろそろ開店かな?」

調べてみると、この地域のソープの開店時間は少し遅く、だいたい12時だ。

時計をみるとまだ10時を回ったばかり・・。

YUTAROはソープランドにほど近い「ゆめタウン別府」で飯を食うことにした。

昨日の忌まわしい記憶の発祥地である。

うどんをちゅるちゅるとすすりながら、携帯で女の子の情報を探す。

HEAVENや口コミによると「THE Blue」や「レクサス」が有名らしい。開店まではまだまだ時間があるので、11時オープンのお店にした。

 

「よし、腹も膨れたし、いっちょ回ってみるか?」

YUTAROはそのまま別府の風俗街に向かうのだった。

風俗街を散策したが時間が早いせいか、まだまだ閑散としている。この時間、呼び込みも店員さんも本気を出していない。

「もうここでいいや・・」

スーパーM○X?エ○セレント?名前だけは豪華だぜ!

少し投げやりになりながらも、「スー○ーMAX」だったか「エ○セレント」だったかそんな名前のお店に入店した。

 

店員「らっしゃまっせー!」

 

店員が元気よく挨拶をくれる。挨拶は大事だ。待合室に案内される。

店内は古く、あまり綺麗とは言い難い。やはりソープランドならではと言えるだろう。

「あの・・写真とか見せてもらえますか?」

店員「もちろんです、写真指名料千円いただきますがよろしいでしょうか?」

「構いません。」

店員がパネル写真をテーブルに広げる。

店員「今のところこの子達が出勤してますね。あっこの子はまだ出勤してなので30分くらいお待ちいただくことになると思います。」

写真を手に取り覗き込む。その一部が隠されていたり、顔バレしないように加工されている。

うーん・・。30分待ちの子が一番可愛い(気がする・・。)

どうせ時間は有り余っているのだ、30分くらいどおってことない。

「じゃあこの子で。」

店員「30分お待ちいただきますが・・」

「大丈夫です。待ちます。」

この前の射精できない騒動があったので、短めの50分コースにした。18,000円くらいだったと思う。名古屋のヘルスと大差ない料金だ。

待ち時間は店内にある「エロ本」を読みあさりながらイメージトレーニング。

結局待っている間、他のお客は来なかった。この店・・大丈夫だろうか?

 

店員「お客様ご案内でーす!」

 

嬢と僕との50分間ショートコース、「写メマジ」の次は「パネマジ」?

beppusorpgirlカーテンを開けると、女の子が膝まづいている。

あ・・あれえ?

体は細い・・。病的なほどに・・。棒きれだった。

嫌な予感がした。確かに店側発表のBHW(バスト・ウエスト・ヒップ)を信じるほど俺は若くないが。

これは抱き心地があまり良くなさそうだ。

そして女の子顔を上げYUTAROを見つめた。

「いらっしゃいませ。ご指名ありがとうございます♪A美で~す☆」

そして俺は悟った・・写真と全然雰囲気ちがーう!

写メマジならぬパネマジ・・だった。二日連続は痛い。

若いのだが、病的に細く、頬はこけていた。

写真のように目は大きくなく、スッピンヤンキーのようだった。

これではまったく興奮しない。部屋に入ってからの未来はお先真っ暗なことだろう。

こんなことなら立ち寄り湯めぐりでもしておけばよかった・・。18,000円が惜しい。

俺は既に完全な「負け組思考」に陥っていた。昨日といい、運気は間違いなく下降線を辿っている。

手を引かれながら入室する。

 

「お姉さん、すごい細いね・・」

A美「それ、すごい言われます。私大食いなんですけどね・・。」

「へえ・・たくさん食べるんだね。」

A美「もう仕事終わったら焼肉ばっかり行ってますよ。」

 

服を脱がせながら、彼女はそう言う。嬢自身もいそいそと服を脱ぎ捨てた。色気とはなんだろうか?

小さくしぼんだ乳房、ガリガリの肢体。そして極めつけはワンポイントタトゥーが入っている。・・萎えた。

時間があまりないのでシャワーを浴びて、チンコを軽くフェラしてもらう。

「ほう・・なかなかの技術だな・・だが心がない。そんなことで俺をイカせられるとお思い?(心の声)」

完全に嫌な客である。それでも、一通りの前戯を終えて風呂に浸かる。

きっと今日もイケそうにない。YUTAROは脱力仕切っていた。郭海皇の消力(シャオリー)レベルである。

 

A美「マットはあんまり時間がないからベッドでいいですか?」

かの嬢もシャオリー(手抜き)の使い手である。

あとはお好きにどうぞ~♪そんな意思表示を込めて俺はベッドに転がった。

相手の嬢は事務的にYUTAROを攻めた。

・・・なぜか勃起した。

A美「勃ったね!じゃあ入れちゃいますね♪」

「どうぞ・・」

ゆっくりと息子は商売女の中に潜り込んでいく。

A美「あっあっ!お兄さんの固いイィ」

ふふ・・そんなお世辞には断じて屈しない。

ただ、A美は体が柔らかいのか極めてエロく腰を振る。まるで蛇の朝ごはんだ。

 

・・・

・・・・んん!!?

 

そしてそれは突然やってきた。YUTAROは目をカッと見開く!

「なんだ!この射精感は!!で、でちゃう?」

完全に油断をしていた。こみ上げて来るものを抑えきれなかった。

「ちょっと待って!ちょっと待って!おねえさーん!」

嬢も慌てて腰を止めようとするが、時すでに遅し!走り出した電車は急には止まらない。

気がつけば、俺はラテックス製のそれにぶちまけてしまっていた。

・・・開始3分のことだった。

俺・・早漏に戻ってるわ!

不思議だった・・イケなかったはずなのに。全くやる気はなかったのに。

鯉女のほうが何倍も可愛かったはずなのに・・。早漏に戻っているだと?

これがプロの技術か?それとも異常なほど脱力していたせいか?酒か?アソコの形か?わからない!

 

でもとにかくスッキリしました(´∀`*)

 

A美「じゃあお仕事頑張ってくださいね♪」

「いや仕事じゃねえよ!観光だよ(´∀`*)」

A美「あっ!そうでしたね♪ごめんなさい。じゃあ、いってらっしゃいのチュー」

「チュー(´∀`*)」

A美「また来てくださいね♪バイバイ!」

「うん、バイバイ(´∀`*)」

店員「ありがとうごっざました!」

 

やっぱりソープっていいわ♪

人気記事⇨セフレ探しに使える!出会い系ランキング

ーーー終わりーーー

前の記事次の記事

みんなのコメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 九州はいつも良い女揃いだねぇ?♪(^o^)♪♪(^o^)♪

  2. YUさんほどの出逢い系マスターでも、風俗利用も有りなんですね~(^^;)
    私も若かりし頃は行きましたが・・・年齢を重ねて事務的風俗では
    全く興奮することもなく(〃゚д゚;A アセアセ…
    鯉女でイケずに、事務的で突然イケるってことは~
    やっぱりお酒のせいですかね~(笑)

    • 最近は行く頻度も減りましたが、風俗は大好きですよー。日記にも何度も登場しますから笑
      ちなみに事務的かどうかは嬢次第ですね。すごい楽しい子もいるし、恋人みたいに接してくれる子もいます笑

  3. 先日、マット中に不意に逝ってしまったの思い出したわ・・・orz
    んでもソープいいよねぇ~

  4. 酒は呑んでも、呑まれるな(^_^)

    とりあえず、おめでとうございます

  5. 射精するとしないとでは全然違いますよねー

    昔めちゃくちゃ美人な子を抱いたんですが、泥酔していたためイケず、勿体無いことしました

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top