ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

揺5 甘くて、酸っぱくて、ほろ苦い。そんな一日。

甘酸っぱい苺を頬張り。「出会い系あるある」な嘘を付く

苺

いざお金を支払ってハウスの中へと入っていく。

今回いちご狩りでお邪魔したのは「さくらファーム」というハウス農家さん。

イチゴの品種は「あまおう」という事らしい。

 

「おお!貸し切りっぽいね!」

苺「さっそくつんじゃいましょ!」

 

平日だったせいか、他に人もほとんどいない。

赤く光沢のある苺を積んではどんどん口に運んでいく。

 

「イチゴ甘くてウマウマ!」

苺「ビタミンCも豊富なんですよw」

 

摘んでいるうちに「こいつは甘そう」「これはたぶん酸っぱいだろうな」というのが解ってくる。

「お!これなかなかデカイ!」

誰も手にしていない、大きく実ったものを見つけると得した気分になった。

ただ10分もイチゴを食い続けると、やっぱり飽きてくる。

後はいかに「元を取るか」の作業になるのだが、スーパーで1パック400円程度のイチゴを1800円分も食うとなると至難の業だ。

そしてハウス内といえど冷える。

次第にお腹がギュルルルルと音を立て始めた。

(やべえ・・そろそろ腹痛くなって来るかも?)

苺女から貰ったカイロがなければとっくに腹痛でトイレ探しに奔走していたに違いない。

 

苺「ふう・・やっぱりイチゴだけ食べるのって結構疲れてきますね。」

「お!わかるわかる!その気持ち!じゃあコーヒーでも飲みに行く?」

苺「良いですねえ!そうしましょ!」

天の助けか、ここでオーダーストップ。

なんとか腹痛が襲ってくる前にイチゴ狩り会場を後にすることになった。

 

車で少し走ると二見ヶ浦に到着。

この辺りは、長い砂浜が続いており、それに連なるようにオシャンティなカフェが点在している。

夫婦岩やサーフィンスポットも存在する。そして夕日がキレイな場所である。

女の子とドライブデートで糸島に来た時はこの辺りのカフェで海を眺めながら語らうのが鉄板コースだ。

やって来たのは「SUNSET」というダイニングカフェである。

店「外と中がありますが?」

「どっちがいい?」

苺「せっかくなんで外がいいな。」

(おいおい・・アンタ冷え性じゃ無いんかい。)

と寒いのが苦手な俺は心中で思いながらも、外の席に座った。

ストーブの放射熱で意外と温かいが、やっぱりこたえる。

ギュルルルルというお腹の音と共に、ヤツが降りてくるのが解った。

(あっ・・もうダメだわ。)

 

「ちょっとトイレ行ってくんね。」

そう言って席を立ちトイレに駆け込んだ。

急いでズボンを脱ぎ、便座に座る。

ガヤガヤガヤ・・。

トイレの中でも客の話し声が聞こえるということは、トイレの音も店内に聞こえるということだ。

(よし・・行くぞ。)

トイレの水を勢いよく流すとタイミングを合わせて一気に放出した。

ブリョリョリョリョロロロっロ!

トイレの音にカモフラージュさせて用を足すという上級テクニックだ。

第二波もそつなくこなすと、トイレを出る。

 

「お待たせ!お!コーヒー来たね!」

苺「お先にいただいてます。」

「そう言えば苺女もカフェで働いてるんだっけ?」

苺「はい。今度遊びに来てください。」

「うん。行くいくw」

社交辞令とわかりつつも、実際に遊びに言ったらどんなリアクションをするのだろうか?

 

「彼氏はいないんだっけ?」

苺「それが・・正確にはいるんです。ほとんど会ってないしもう終わりかけってだけで」

おるんかーい!こういう「実は系」カミングアウトが結構堪える。

苺「YUさんは本当にいないの?」

「おれ・・は。・・いないよ。いたら出会い系とかやってないしw」

そう言って砂糖を一つマグカップの中に投入した。

「出会い系あるある」な嘘である。

今日は甘くて、酸っぱくて、ほろ苦い日だ。

ーーーつづくーーー

苺女と出会ったサイト

前の記事次の記事

みんなのコメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おお嘘つき!(笑)
    いつでもどこでも
    男と女はだまし愛?

  2. 男と女のラブゲームですな😃

  3. YOUさんと俺はきっと同じ病気だ!

    あかんと思ってもあかんのね(笑)

    はぁ〜。

    • どうしても目移りしてしまう。経験を積むほどにクズになっていく・・。
      ちなみにちょっと名前間違えてますよw

  4. まあ・・そんなもんだよね~

    元カノとメールだけのやり取りで続いているが
    今カノには完全に切れたって言っちゃうしね(^_^;)

    病気病気(笑)

  5. お帰りなさい!
    待ってました!

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top