ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

答2 トラブル発生!俺のフェラーリ(ワゴン車)壊れる?

さて迎えに行きますか?でも愛車の調子がおかしい。

enjin

もうすぐ百合子に会えるとなると、胸が高鳴った。

二か月ぶりにその顔を見ることができるのだ。俺が福岡に住むことになった理由の一つでもある。

それに今日こそは彼女をモノにしたい・・。やはり彼女には特別な感情を抱いている。

こっちに来てから衛生女⇒谷山子と続けて縁起がいい。

身体だけの彼女たちとは関係は違うかもしれないが・・。

 

車に乗り込むと鍵を回してエンジンをかける。

「んん?おかしい。エンジンかからない。」

何度も回すがうんともすんとも言わない・・。おい!どうした!相棒よ!

どうやらバッテリーが上がっているらしい。

スイッチ類をよく見ると、ライトが点いたままになっていた。

「だ、誰がこんなひどいことを・・(俺です。)」

 

とにかくエンジンが死んでるわけじゃなさそうなので、愛車にはぐっすりと眠ってもらって急ぎタクシーで博多駅に向かう。もう時間がない。

「あっここでいいです。」

博多口の向かいにタクシーを停めてもらう。すっかり立派になった博多駅を見上げる。

「よく見るとちょっと札幌駅に似てるなあ・・。」

そんなことを思いながら携帯を手に取る。

「もしもし?今どこよ?」

百「今、なんか入り口あたりにある長いエスカレーターばい。車大丈夫やったと?」

「うーん、バッテリー上がりみたい。すぐ着くから待ってて。」

とりあえず入り口あたりを見渡すと、シュッとした格好の百合子がいた。

彼女は若干ハタチには見えないほど大人びて見える。

 

とりあえず誉めとけ!二人はバスでマリノアへ

marinoa

「お待たせ~♪うほー!今日めっちゃキレイやん!スカート似合ってるね!」

誰かが言っていた。女性と上手くやっていくには1日1回は誉めろと。とりあえず実践してみる。

百「ふふっ本当?・・てか久しぶり。二か月ぶりだね。本当に福岡に来たんだね。」

少し照れくさそうに百合子が言う。急に子供っぽく見えてしまう。

「おおう!まだ部屋には何にもないけどね・・。それより車出せなくてごめんね。」

百「仕方ないよ。でもどうやってマリノア行くの?」

「さっき調べたら博多からバスで行けるみたい。」

ということで俺たちは「バスデート」を楽しむことになった。

バスなんて乗るのは超絶に久しぶりである。

バスはゆっくりと博多の街を西へ進んでいく。ハンドルを握らなくていいのは楽だ。

「今日はなんか買うと?」

百「うん、靴とシャツが欲しくて。YUちゃんは?」

「俺はとりあえずご飯が食べたいね。」

百「食意地はってるね~だからお腹タプタプなんだよ。」

ぎゅううっとお腹をつままれる。

「なにを!お前だっておっぱいでかいじゃん!」

百「お前って言うな!」

「・・ごめん。」

迷惑な客二人はテンションを上げながら、約一時間かけてマリノアシティに到着。

百「お!磯の香がするね。」

「そう・・?てか百合子は山育ちだけど。磯の香なんてわかるの?」

百「ぐぬ・・YUちゃんって大人げないよね。」

「それ・・よく言われるわ・・。」

ということで、デートはいつも通りではじまった。とりあえずは平和である。

ーーーつづくーーー

百合子と出会った「ラブサーチの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

百合子の出会い話(答編)

  1. 百合子が博多に会いにくる。
  2. トラブル発生!俺のフェラーリ(ワゴン車)壊れる?
  3. マリノアでクルーザーを見ながら昼食デート
  4. 彼女の手料理は俺の男心をガッチリ掴む
  5. ヒステリックですか?急に怒り出す彼女に恐怖!

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 楽しみ(^_^)は

    ごはんのあとで😆💕

  2. 俺のフェラーリとか言うからどんな下ネタかと期待したら
    なに普通に今風デートしとんねん!(怒

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top