ワクワクメール体験談

ウーマナイザーってマジで気持ちいい?最新のアダルトグッズの効果を体験

投稿日:2016年1月6日 更新日:

ウーマナイザー

ウーマナイザーの感想を言わせて

一話目から読む⇨マジやめて!彼女がデートに着てきた服がダサいジャージだった。

「服脱いで入っておいでよ!」

彼女は紅潮した顔で俺にそう言った。新兵器「ウーマナイザー」を試す前にまずお風呂だ。

1時間待ちぼうけを食らった愚息は我慢できないとばかりにいきり立っている。

登場人物紹介

  • YUTARO(俺):この日記を書いてる人
  • 谷山子(彼女):鹿児島のセフレ。ウーマナイザーの持ち主。
  • ウーマナイザー:ドイツ最先端技術によって産まれたアダルトグッズ。
  • 電マ(友情出演):モブキャラ。

まずはお風呂でコミュニケーションを取ろう

ohuroshudou

自慰モードの時ならまだ良いが、大人のおもちゃを使う前にお互いのコミュニケーションが必要だ。

そんな時は一緒にお風呂に入るのである。体を温める事で血行が良くなり感度も高くなる。

 

谷「体洗ってあげるからそこに立ってて。」

司令塔から指示が飛ぶ。僕もう勃ってますけどね・・。

 

谷「シャワーちょうだい。お湯出して。後ボディソープも取って。」

彼女から続々と指示が飛んでくる。

(・・これもう自分で洗ったほうが早くねえか?)

 

「冷たい!シャワーまだお湯になってないんですけど!」

さっそく背中に冷水をぶっかけられる。

谷「あはは!ごめんごめん!」

ようやく背中にお湯の温もりを感じ始めた頃、背中にボディーソープのぬるぬるとした感触を感じる。

彼女は手のひらで、俺の体を洗ってくれているようだ。やがて背中から乳首へと移動していく。

冷水を浴びて縮こまった息子も息を吹き返した。いきり立った愚息を彼女は二つの手を使ってマッサージするように洗う。

 

「あっ!そこ凄い!ヤバい!ストップ!」

谷「・・うるさいww」

しばらくご無沙汰だったので、うっかり射精しそうになってしまう。

お風呂でのコミュニケーションの取り過ぎは要注意だ。

 

谷「・・よし!これで泡もキレイに落ちたよ。じゃあベッド行こうか?」

「へ?でもまだ湯船に浸かってない・・。」

谷「洗ってたら・・したくなって来たんだもん。それに早くウーマナイザー使ってみてよ☆」

「ッチ!わがままな奴め・・。」

風呂には後でゆっくり浸かればいい。どうせこれから汗をかくのだから。

出番だぞウーマナイザー!

ベッドルームに戻ると、谷山子は持参した「大人のおもちゃ」をカバンから取り出してきた。

ウィーン!!

谷「うん!充電はバッチリ!」

そう言っておもちゃを眺めながら得意気にほほ笑む。

(コイツ・・ほんとに馬鹿な女だ。)

俺はそんな彼女を抱えるとベッドにブン投げた。

「フハハ!ここからの主導権は俺だぜぇ!」

谷「存分にやりたまえ!」

ウーマナイザーなに?

ところで「ウーマナイザーってなんなのか?」ってことだ。

  • 名称:Womanizer(ウーマナイザー)
  • 生まれ:ドイツ
  • 能力:吸盤でクリを包み込みながら吸う

電マやバイブとも違う、先っちょに小さな吸盤のついたニュータイプだ。

ウーマナイザーはこの吸盤によって、他のアダルトグッズとは一味違った仕事をするのだ。

 

Womanizerを日本訳にすると「女たらし

ちなみにブリトニースピアーズ曲にも「Womanizer」ってのがある。

この動画を見れば、女たらしとはどういうものかがよく表現されていると思う。てかブリちゃん若くてエロい!

クリトリスを重点的に吸い振動させる

ウーマナイザーは女性のクリトリスを吸盤で包み込み、吸引しながら振動させることで、強力な快感を与えることを目的としている。

アソコの中に出し入れすることは基本的にできない。頑張れば入るかもしれないが用途が違うので注意!

またバイブのようにわかりやすい動きがないので、カップルで使うには、絵的に少し物足りない印象を受けるかもしれない。

 

彼女にウーマナイザー使ってみた。

※今回使ったのは「ウーマナイザー2」デザインがめっちゃオシャレ。価格は二万円以上するとか。

 

さて使ってみよう。最新気鋭のソイツは、性の世界を変えることができるだろうか?

俺は、彼女の首筋をなめたり、乳首を口に含んで舌で転がしたりをする。こういう地味な「前戯」こそが、後々「完成度の高い仕事」へと結びついてくからだ。

 

「機械なんぞクソ!人間の技術こそが至高!」

・・この時はそう信じていた。

 

俺の唇が、彼女のアソコにたどり着いた頃、

谷「ねえ!ウーマナイザー取って!」

と業務から外されてしまう。俺の前戯はなんだったのか・・。

 

彼女の手によってスイッチが起動する。ウィーンという機械音を響かせながら、それは発進したのだった。

 

谷「クリトリスは自分で面倒みるから、アソコの中とかよろしく!」

「へ、へい・・親方。」

 

女性の愛らしいクリトリスを舌先で転がすという大好きな行為が、この憎らしい機械によって封じられる。俺は機械に嫉妬した。

 

「ま、まけるか!俺にもできらあ!」

負けじと、俺は中指と薬指を口に含むんで存分に湿らせた。

その唾液を絡ませた指で彼女の秘部を弄んだ。甘い吐息が漏れる。

 

「きっとウーマナイザーよりも俺を選んでくれるさ。」

そんなかすかな希望も粉々にされるとは知らずに。

その機械、電マを超える。

ウィーンという音と共に密林に降り立った最新機器ウーマナイザー。電マよりも音は静かである。

 

電マ「ほほう・・こんな小物が、アダルトグッズ界で世界的シェアを誇る、ワタシよりもエリートだと?フンッ!笑わせる」

 

俺は電マの気持ちになって心の中で呟いた。

頑張れ電マ!ぎゃふん(死語)と言わせてやれ!

ちなみに今回電マの登場は無い。

ウーマナイザーの小さな吸盤は、彼女のクリを静かに収納していく・・。

 

谷「ああ・・ううん・・。」

彼女が吐息を漏らした刹那、腰がビクビクと跳ね上がる。

 

な、何が起こったというのだ・・!?(;゚Д゚)!

 

谷「はやく!指で中もほじって!」

彼女は叫ぶ。俺は命令に従い彼女の膣内を懸命にほじった。

「すぐにイク」恐ろしい性能。

谷「ヤバ!いっちゃ・・イク!イクう!!」

彼女の腰はガクガクと上下に揺れた。

「な・・なんだと!?」

ものの5分も経たないまま、このニュータイプは谷山子を昇天させてしまったというのか?

俺は新型アダルトグッズの恐ろしい性能に、呆気にとられるばかりだ。

彼女の手から放たれたウーマナイザーは「ウィーン」と音を立てながら、ベッドの上でこちらを静かに見つめていた。

同盟!併用してエッチする

コイツには敵わない。コイツは後のターミネーターだ!

 

「よろしい!ならば同盟だ!」

 

敵わない相手には媚へつらう。それが俺の処世術。

ここはウーマナイザー先輩と共同戦線を張っていくとしよう。へっへっへっ。

 

相手は「底なしの性欲」の異名を取る女だ。(勝手に命名)

イッテもすぐに復活を遂げる。凄まじい再生能力を誇る。

 

「今のうちにトドメ挿しちゃいますね!」

 

ずっと傍らでお預けを食らっていたチンコちゃん。時間が経てばカマグラを飲んだ効果も薄れてしまう。

枕元からゴムを取り出すと、手際よく装着し、谷山子のビラビラの先へと押し当てる。

 

谷「ちょ・・待って・・まだいったばかり・・あああ!」

 

お構いなしに我が愚息は、谷山子の蜜壺の中に飲み込まれていく。

風呂上りの彼女の膣内は、溶けるように温かく、ぬるりと気持ちいい。

 

これはウーマナイザーで先にいかせていなければ、俺のほうが1分で果ててたかもしれない。

ゆっくりと次第にスムーズに腰を動かしていく。

 

谷「あっうん!ううん!はああ・・」

いつもは豪快な彼女もいつになく敏感だ。

俺は、傍らで横たわっているその機械を拾い上げた。

 

「えっと・・・これをクリちゃんにくっつけるのね・・ピタ!」

見よう見まねで吸盤部分をクリトリスに装着。

 

谷「あああ・・!だああ!!」

再びガクガクと腰をくねらせ始める彼女。

弱点!セックス中はめっちゃ使いづらいぞ!

ウーマナイザーにも弱点はある「チンコを出し入れする時は邪魔」になって使いづらい。

しかも激しい動きをすると、ヘッドがクリちゃんからズレるのが難点だ。

ズレると肝心の吸着力も落ちる。

 

谷「もうだめだめ!」

谷「イクイク!!」

 

しかしコツがわかった俺は、バックの体位でウーマナイザーを使いこなしていた。でも完全にお株を奪われている。粗チンでごめんね!

彼女だけが一人、獣のように大きな鳴き声でのたうち回っていた。

 

電マ「ゆるさん!ゆるさんぞおお!」

 

枕元では全く見向きもされていないモブキャラがいた。ホテル備え付けの電マだ。もはや彼は「過去の産物」なのだ。

 

「さて、俺もそろそろ・・いってよか?」

谷山子のアソコが酸素不足の金魚のように俺のアソコを締め付ける。もう限界なのだ。

俺は全開フルスロットルで腰を振った。

「おああああ!いけえええ!」

そして、俺たちは天に昇ったのだった。

ウーマナイザーの登場から、わずか20分あまり・・その間、彼女は何度も何度もイった。

なんとも密度の濃い時間だった。ありがとう英雄「ウーマナイザー」よ・・。

感想 ウーマナイザーって電マより凄いけど、個人プレーの時がいいぞ。

僕の感想

ウーマナイザーってエッチの時はズレまくって使いづらいので、男性側は集中できません

女の子が個人でプレーする時のオナニーグッズとしてはかなり優秀だと思います。性豪の彼女が愛用するくらいですから。

ただし男性が使っても乳首を吸うくらいしか用途が無いのでご注意。彼女いわくウーマナイザーは数千円の安いものよりも、2万円以上の高いほうが快感は凄いらしいです。

※面白く書こうと思って途中で収集つかなくなっちゃいました!すいません!簡単に言うと「ウーマナイザー使ってみたら凄かった」です。

ーーー終わりーーー

⇧谷山子と出会ったサイトをチェック ⇧谷山子の登場する日記を見る

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ワクワクメール体験談
-,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.